みゅんのしゃべり場VOL.24|【雑談回】久しぶりの母との「ふたり時間」

今回の記事の内容を音声で楽しみたい方はこちらをどうぞ♪

stand.fm
【雑談回】久しぶりの母との「ふたり時間」 - みゅんのSHOJINチャンネル | stand.fm 今回は雑談回! 先日久しぶりに母と2人でゆっくり過ごしました😊 その時の様子や気づきを、まったり喋ってます! 暇潰しにでも聞いてくれると嬉しいです😋 #雑...

前回、「みゅんのしゃべり場VOL.23|Webライターを独学で勉強したい!効率よく力をつけるには?」をお伝えしました。

その続きをお楽しみください。

こんにちは。書人百花のみゅんです。
ライターとブロガー二つの柱で稼ぐ、そんな『書人』を目指して活動してます。

最近はちょっと真面目な話が続いてたので、今日は雑談回にしたいと思います。

私がいつも記事の最後に「ならね~!」って言ってるじゃないですか?

「ならね~!」って何ですか?
っていうふうに聞かれたこととかも今まであったので、まずはそこについて、ちょっと言及したいなと思います。

「ならね」っていうのは熊本弁、九州の方言で、なんか、「またね~」みたいな、そういう意味なんですよ。

けっこう九州の方では「じゃあまたね」みたいな、そういうスタンスで「ならね~」って言うんですね。

なので私は熊本出身なので、熊本っぽく、「ならね~!」というお別れの言葉にしてます。

はい、そういう意味でした。ちょっと恥ずかしいですね(笑)
なので、「またね~!」ってことです。

話は変わりますが、この週末、私は3回目のワクチン接種をしました。

ま、1回目も2回目もあんまり副反応は出なかったので、多分3回目も大丈夫だろうなーって思ってたんですけど、
3回目でひどくなったっていう人の話もあったりしたし、事前に母が、「看病行くよ!」って言ってくれたんですね。

みゅん

それはすごくありがたかったんですけど、「いや、そこまでせんでも」っていう思いもあったし、

そこで頼るのがお母さんか~っていう(笑)
彼氏じゃないのかっていうような、
そんなちょっと切ないような気持ちにもなりまして(笑)

で、ワクチンの副反応としては確かに3回目が一番大きかったです。
と言っても、まぁ熱も、受けた夜中にちょっと上がったっていう感じで、次の日からはどちらかというと、頭の痛さ体のだるさ腕の痛み。そういうのがありました。

だから母に来てもらったのは良かったなと思ったんですけど、

看病のありがたさっていうよりも、久しぶりに母と二人だけで過ごす時間っていうのにいろんなことを感じました。

そこについてちょっとお伝えさせていただきたいなと思います。

うちは小さい頃から、やりたいことはやらせてくれてたんですけど、わりとしつけが厳しい方で。
特に母は、過保護というか心配性な感じだったんですね 。

で、まぁ家族は仲がいい方だと思うんですけど、なんかわかんないけど、母と二人だけの空間とかしゃべるっていうのがなんかちょっと緊張するところがあるんです、昔から。

みゅん

なんかわかんないけど、お母さんが言うことは自分の中で絶対というか、お母さんがこう言うんだったら、こうした方がいいだろうな、みたいな。

けっこう影響されるところがあったんです。

まぁなんかそういう自分も嫌だし、そういうところがあるからこそ
自分の中で迷ってるうちは、
影響されないようにあんまり相談したくなかったりとか、
なんかそういうところがあったんですよね。

まぁでも最近は心理学を学んだりとか、自分自身の気持ちがどこにあるのかとか、そういう自分の心と向き合うことがけっこう増えてるので、

今回久しぶりに二人で過ごす中で、影響されない自分っていうのがいることに気がつけたんですよ。

お母さんはこう言うけど、「これはお母さんの意見なんだな」みたいな。
「私は、でもこう思うな」ということができてて、

「あ~なんか、私自身成長したな~」って思ったし、
客観的に見れるところも増えたな~っていうふうに感じました。

そうやって客観的に見ると、いかにお母さんっていう存在が偉大かっていうのを感じました。

私はワクチンの副反応と最近の仕事の忙しさの疲れによって、もうわりと、ぐうぐう寝てたんですよね、日中も。
もう全然起きれなくて。

その間も私の邪魔にならないように、なるべく物音を立てないようにしながら掃除してくれたりとか、ご飯を作ってくれたりとか、なんかいろいろしてくれて、あ~、お母さんって偉大だなぁって感じました


そして日曜日が来て、まぁ母は帰るっていうことになったんですけど、
その日も朝からいろいろ作り置きを作ってくれて、
冷蔵庫にいっぱいタッパーがあるような状態で帰ってくれたんですよ。

何か冷蔵庫を開けるたびに、すごい幸せな気持ちになって、
母の愛情っていうのを感じて、
私も子どもを無条件に愛せるような、そんなお母さんになりたいなーって思いました。

最近、私が所属する『SNT』っていうライティングサロンのお母さんの話だったりとか、
職場でもお母さん目線の話っていうのをけっこう聞く機会があるので、
母親の子どもへの無条件の愛情とかそういうのを感じる機会がけっこう最近多かったんですよね。

まぁそんな中で久しぶりに母と二人で過ごして、
客観的に親子の関係っていうのを見る中で、
お母さんからの愛情っていうのを感じたりとかして、
なんかすごく良い時間を過ごせたなーって思いました。

そして私自身、子どもを無条件に愛せるような、そんな母親になりたいなーって思いました。

みゅん

久しぶりの母との二人時間がどんなふうになるのか、ちょっとそわそわしてたんですけど・・・
結果としていろんなことに気付けた、そんな母との時間だったなと思います。


はい、ということで今回は雑談をさせていただきました。


次回からはまた、ライティングスキルとかそういうものをお伝えしていくので、よかったらコメントをいただけると嬉しいです。

ということで、今回はこの辺で終わります。

よかったら「みゅんのしゃべり場VOL.25|【超大事】記事を納品する前にチェックしたい5つのポイント!」もお読みくださいね。

ならね~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【無料配布中】

記事をずっと楽しく書き続けられる秘密を知りたい方はこちらの電子書籍をクリックしてください ↓


 

目次
閉じる