みゅんのしゃべり場VOL.46|Webライターとして稼ぐ5つの方法!

今回の記事の内容を音声で楽しみたい方はこちらをどうぞ♪

stand.fm
Webライターとして稼ぐ5つの方法! - みゅんのSHOJINチャンネル | stand.fm Webライターとして活動を始めたものの、どうやって稼げばいいの!? そう思うライターさんも多いですよね。 でも、Webライターとしての稼ぎ方は、いろいろあるんで...

こんにちは。
書人百花のみゅんです。
ライターとブロガー二つの柱で稼ぐ『書人』を目指して活動してます。

書人百花っていうのは、私が所属しているライティングチームなんですけど、
この『書人百花』では現在、添削コーチングを行っています。

自分の記事を客観的に添削してほしい方
先輩ライターからいろんなことを学びたいには
本当におすすめのサービスとなっています。

ライティングチームに入らなくても添削コーチングの体験等ができるので、
興味がある方は、こちらの公式LINEから友達登録してください。
ぜひぜひ、自分のライティングスキルアップにご活用ください。LINE Add Friendline.me

ライティングスキルを上げた先に、どうやって稼いでいけばいいのか。
今回の放送は、webライターとして稼ぐ方法についてお伝えします。

Webライターをはじめたものの、
ぶっちゃけどうやって稼げばいいの!?とか、
みんな稼げてるものなの!?

って思いませんか?

Twitterを見てると、
「月収何十万稼ぎました!」とか「収益が何十万いきました〜!」
みたいな、そういうツイートを目にする機会が多いんですけど…。

いやもうほんと、すごすぎませんか?
ほんとにそんな稼げてるの!?
どうやって稼いでんの!?
って思っちゃいますよね。笑

私はまだまだTwitterで、そういった自慢ができるほどの稼ぎはないんですけど、
でも、チームライティングで半不労所得の仕組みを作っている最中ではあります。

いろいろ、webライターとしても3年やってきて、
そうやって半不労所得の仕組みを作ったりとかしている私が思う、
Webライターとして収益を得る方法は、大きくわけて5つあります

目次

1. クライアントワーク

一番王道なのがクライアントワーク

クラウドソーシングなどでクライアントと契約を交わして、
依頼された記事を執筆することです。
案件は多いですし初心者でも取り組みやすいので、一番簡単に収益を作りやすい稼ぎ方です。

一番皆さんも、
「webライターとして稼ぐなら」というのでイメージしやすい方法だと思います。

みゅん

多くのライターさんがここから始めますし、
漏れなく私も、ここからスタートしました。

ちなみにTwitterでもね、稼ぎ方のアンケートっていうのをこの前とったんですけど、
やっぱりクライアントワーク、この方法が一番多い稼ぎ方でした。

これはね、ほんと一番簡単に稼ぐ方法ではあるんですけど、
稼ぐにはその分、執筆量とか時間とかはかかってしまいますよね。

 Twitterとかでもよく、
「何時間記事を執筆してました」とか
「何十記事、記事書いた」とかいうのも見ます。

執筆することが好き!
いろんな記事を書きたい!
経験を積みたい!
っていう方に向いている稼ぎ方だなと思います。

2. アフィリエイト

次に多い稼ぎ方が、ブログを作ってアフィリエイトで稼ぐスタイルです

例えば、
「英会話を学びたい人向けに、おすすめのスクールや教材を紹介するようなブログ」
「キャンプ初心者に向けて、キャンプのやり方やキャンプグッズを伝えるブログ」など。

そういったね、グッズなどをブログから買ってもらったら紹介収益が入ったりとか、
広告を掲載することでクリック率に応じた収益が入る、
そういうのが、ブログでのアフィリエイトっていうものです。

これはまぁ、不労所得につながるので挑戦する人も多いですし、
成功したらほんと、月10万とか、それ以上を稼ぐこともできます。

ただ、そうやって稼ぐようになるには
ブログテーマをしっかりと考えないといけません。
なので難しさもあります。

みゅん

まぁこのあたりはまた別の機会で改めてお伝えします。

3. SNS運用代行

そして3つ目の稼ぎ方が、SNS運用代行をすること。

企業やお店の代わりにSNSを運用するっていうようなものです。
企業の広報役というイメージですね。

今や、なにかをPRするのにはSNSは必要不可欠ですよね。
そういったSNSの運用っていうのが苦手な企業さんも多いので、
webライターとして培ったわかりやすい文章やキャッチーな表現を活かして、SNS運用で稼いでいる方も増えています

4. webディレクター

そういったSNS運用とかライティティングの経験が増えていくと、
webディレクターとして稼ぐことも手段の一つになります

これが4つ目の稼ぎ方です。

webディレクターの仕事としては、
サイトの設計をしたり運用をしたり、
現状を分析してアクセス数を上げるための改善を行なったりと、
まぁ、webサイトの制作や管理全般をするようなイメージです。

webディレクターの業務は幅広いのでそれ相応の知識や経験が必要ですが、これができると、企業と連携して仕事ができたりとか
webディレクターとして転職しやすかったりするので、
キャリアアップはしやすいポジションだと思います。

みゅん

なのでwebディレクターを目指して成長していきたいと思う、webライターさんも結構いらっしゃいます。

5. 独自のコンテンツ

そして最後の稼ぎ方が、独自のコンテンツを作ること

自分の特徴や資格を活かして、独自のサービスを展開するようなものです。
これはだいぶレベルが高いもの。
webライターとしての稼ぎ方の最上級だと私は思っています。

例えば、
保育士の資格とワーキングママの経験を活かして、時短術のノウハウマニュアルを作ってブログで販売したり、
SNS運用が得意だから、アクセス数アップに繋げる方法をセミナーでお伝えしたり。

私がチームでやってる添削コーチングサービスもまさに独自のコンテンツにはなります。

こういった、自分のスキルや経験を活かしたオリジナル商品っていうものが作れると、
読者とか、それに関わるお客様との距離感っていうのもグッと縮まりますし、
関わり方の幅も広がりますし、もちろん稼ぎ方の幅っていうのも広がっていきます。

ほんとこれはけっこう難しいですけど、
ライティングの経験や知識が増えた先にできることとして頭に入れていただけると嬉しいです。

今言ってた添削コーチングってなに!?
って思った方は、こちらを覗いてみてください。オプトインページ【無料プレゼント】 | 書人百花shojinhyakka.com

ということで今回はwebライターとして稼ぐ5つの方法をお伝えしました。

webライターとして稼ぐ5つの方法
  1. クライアントワーク
  2. ブログアフィリエイト
  3. SNS運用代行
  4. webディレクター
  5. 独自コンテンツ

ぜひ、今後の稼ぎ方の参考にしてください!
いいなと思ってくださった方はぜひ、シェアしてくださいね!

また、質問や相談があれば、いつでもコメントやレター、お待ちしています。
フォローもしていただけると泣いて喜びます!

それでは今回はこの辺でおわります。
最後までお読みくださってありがとうございました!

よかったら次の記事「【初心者ライター】記事を書く手がとまった時に考えたいこと」もお読みくださいね。

また次回お会いしましょう!ならね〜!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【あなたに今だけ無料プレゼント】

【副業を検討している女性の方へ】

先着300名様に今だけ無料配布中!

活躍中の現役女性ライター27人が初心者でも挫折せずに楽しくWEBライターに挑戦できるコツを教えます。

こちらの電子書籍をクリックすると、無料でお受け取りできます。

目次
閉じる