Catchy(キャッチー)とは?AIコピーライティングツールの使い方とメリットを解説

記事のテーマが決まっていても、読者を惹きつける文章を書くのは難しいですよね。

内容を重視したいライター

私は導入文を考えるのが苦手です。
読みやすさや文章の流れが気になって……。
何度も書き直すため時間がかかります。

効率を重視したいブロガー

ブログのネタはたくさんあるのですが、執筆が追いつきません。
読者が行動するきっかけになる記事を書きたいので、いつも文章に悩みます。

みゅん

わかります!
読者の心を掴む記事を書くには、時間がかかりますよね。
そんなときはCatchy(キャッチー)を使ってみてはいかがでしょう。

CatchyはAIを搭載した国内最大級のライティングアシスタントツールです。

必要な情報を入力するだけで、AIが文章を生成してくれますよ。

文章の作成はAIに任せて時間短縮!

その分推敲に時間を使えば、魅力的な記事がスピーディーに仕上げられます。

この記事ではCatchyを活用するメリットや使い方を解説します。

AIが生成した文章も載せていますので、Catchyが気になった方はぜひ最後まで読んでくださいね。

未経験から踏み出した今の私
「みゅん」はこんな人!
  • ライター ✕ ブロガー歴3年
  • ライティングサロン「SNT」運営スタッフ
  • 書人百花でブログ運営
  • stand.fmでもライター情報配信中
  • 書く仕事から書く人生へ
  • 欲しいものは全部あきらめない!そう堂々と言える自分が目標
  • ちょっぴり婚活中♪
みゅんです!
目次

AIコピーライティングツール「Catchy」とは?

Catchyとは、デジタルレシピ社が開発したAIライティングアシスタントツールです。

書きたい文章の概要を入力すると、AIが自動で文章を生成してくれます。

Catchyではweb記事やキャッチコピーをはじめ140を超えるツールが、さまざまなシチュエーションに合った文章を生成してくれます。

2022年12月現在、Catchyユーザーは14,000人を突破し、導入企業は現在も増え続けています。

ライターやブロガーの役に立つものを以下にあげてみました。

Catchyで使えるお役立ちツール(一例)
  • キャッチコピー
  • マーケティング
  • 記事制作(記事のアイデア、タイトル、導入文、見出し、本文)
  • メタディスクリプション
  • 商品説明文
  • ユーザーレビュー
  • LINE、Instagramの投稿文、ハッシュタグ
  • ストーリーのベース
  • 文章のリライト

文章作成のアシストだけではなく、多くのシチュエーションで使えます。

効率を重視したいブロガー

キャッチコピーの作成や文章のリライトまでできるんですか!?

みゅん

上記の内容は、ほんの一部です。
驚きですよね。

Catchyでどんな文章が生成できるのか、使い方を解説します。

操作は簡単!Catchyの使い方を解説

Catchyの使い方を画像つきで解説します。

難しい操作は一切ないので安心してくださいね。

以下の順番でお伝えします。

  • Catchyの登録方法
  • Catchyの使い方(例:キャッチコピー)

さまざまな文章が作成できるCatchyですが、基本的な使い方は同じです。

Catchyの登録方法

Catchyを使うには、最初に登録が必要です。

STEP
Catchyのサイトを開く

以下のボタンを押すと、ログイン画面に移動できます。

\ まずは無料で会員登録 /

右上の「ログイン」または「無料ではじめる」をクリック。

引用:Catchy
STEP
Googleアカウント または facebookアカウントを選択しクリック

どちらかをクリックするだけで登録は完了です。

引用:Catchy
効率を重視したいブロガー

たったこれだけで登録完了ですか?

みゅん

無料プランの登録ならカード情報の入力も不要です。
自動的に有料プランに移行することは無いので安心してくださいね。

Catchyの使い方(例:キャッチコピーの生成)

Catchyの使い方はシンプルです。

概要を入力するだけで、AIが文章を生成してくれますよ。

どの生成ツールを選んでも基本的な操作は同じです。

今回は例として、このブログのキャッチコピーを生成してみました。

STEP
ダッシュボードからツールを選ぶ

おすすめツールやカテゴリから作成したい文章生成ツールを選びます。

引用:Catchy
STEP
概要を入力し、「作成する」をクリック。

文章の雰囲気は「丁寧」「カジュアル」「大胆」の3種類から選べます。

※2022年12月現在、文章の雰囲気はβ版(試作サンプル)となっています。

引用:Catchy

以下は、生成された文章の一例です。

引用:Catchy

少しの誤字はあるものの、どれも文章におかしなところはありません。

内容を重視したいライター

きちんとポイントをおさえたキャッチコピーになっていますね!

みゅん

気に入ったものは「保存する」をクリックすると、アカウントに保存できます。
私はたくさん保存して、後からじっくり選んでいます!

Catchyの使用感は?

AIがどのような文章を生成するのか、web記事の導入文で見てみましょう。

プロのライターでも苦手な人が多いのが、web記事の導入文です。

みゅん

Catchyで記事の導入文を作ってみました。
私のコメントもお伝えします。

効率を重視したいブロガー

AIがうまく導入文を生成できるのでしょうか。
みゅんさんのコメントが気になります。

Catchyで導入文を生成する手順はキャッチコピーの生成と同じです。

記事の概要を入力すると、導入文を作ってくれます。

みゅん

記事制作に関するツールは「記事制作」カテゴリ または 検索バーを使うとすぐに見つかりますよ。

引用:Catchy

記事の概要は以下の設定にしました。

  • 執筆キーワード:自宅 コーヒー 簡単
  • 記事の内容:自宅でおいしいコーヒーを淹れる方法について
  • 決定したタイトル:自宅でおいしいコーヒーを淹れる簡単なコツ

上記をふまえて、導入文の概要を以下のように入力しました。

自宅でおいしいコーヒーを淹れるための簡単なコツについて。
必要な道具、簡単な方法、おさえておきたいポイントを解説。
豆の種類、豆の量、お湯の量、抽出時間など。
素人でもポイントをおさえればプロのようなコーヒーが自宅で簡単に淹れられます。

導入文の場合、1クレジット消費で2パターンの文章が生成されます。

文章の雰囲気は「丁寧」「カジュアル」「大胆」から選べるので、それぞれ生成してみました。

文章の雰囲気「丁寧」を選択し、生成された導入文がこちらです。

引用:Catchy

「丁寧」は記事の内容をポイントでおさえ、わかりやすく伝えている印象です。

みゅん

企業のコラム記事などで使えそうな文章です。
ただし、修正が必要な部分はあります。

文章の雰囲気「カジュアル」を選択し、生成された導入文がこちらです。

引用:Catchy

「カジュアル」は読者の悩みに共感し、読んでもらおうとする流れを作っています。

みゅん

私が採用するなら「カジュアル」の導入文です。
コーヒー初心者に向けた記事を執筆するときに、使いたいと思いました。

文章の雰囲気「大胆」を選択し、生成された導入文がこちらです。

引用:Catchy

「大胆」は書き出しから大胆に切り込んでいます。

みゅん

一言で読者の気を引きたいときに良いと思いました!
私の文章とは少しテイストが違いますが、面白い記事が書けそうです。

私がCatchyを使ってみて感じた良いところは以下の2点です。

・要点がまとまっている
・キーワードや短い概要から文章をふくらませるのが得意

まだまだ発展途上だと感じたところは以下の2点です。

・ときどき意味の通じない言葉や誤字がある
・執筆キーワードを入力しただけではSEO対策にはならない

CatchyのAIはキーワードから文章をふくらませるのが得意なので、SEO対策は考慮されていません。

SEOに効果的な記事が書きたいときは、AIが生成した文章をもとに自分でリライトする必要があります

みゅん

Catchyの賢い使い方として、アイデアが欲しいときや書き出しが決まらないときに使うのが良いと感じました。

内容を重視したいライター

私はいつも導入文の書き出しで悩みます。
Catchyの文章をもとにリライトすれば、スムーズに書けそうです。

ai 文章 作成 無料

Catchyを活用するメリット

ライティングアシスタントツールはCatchyの他にもいくつかあります。

無料で使えるものから、高額なものまでさまざまです。

Catchyは無料プランもありますが、月額制の有料ツールです。

ライターやブロガーにとって有料ツールのCatchyが、どこまで実践で役に立つのか気になりますよね。

内容を重視したいライター

Catchyを使って文章を書くと、具体的にどんなメリットがあるのでしょうか?

みゅん

そうですね。使いこなせば、Catchyはとても強力な味方になってくれますよ!

この章では、Catchyを活用するメリットを4つお伝えします。

  • 精度の高い自然な文章を生成できる
  • 作業効率が上がる
  • スマホでも使える
  • 使用頻度に合わせた料金プランがある

Catchyをうまく使って魅力的な記事を作りましょう!

ai 自動 生成 文章

精度の高い自然な文章が生成できる

Catchyは「GPT-3」とよばれる自然言語処理モデルのAIを利用しています。

GPT-3は人間味のある文章を作ることができますよ。

140を超える生成ツールのなかには「仕事の相談」や「LINEの返信」「飲み会を断る」ツールまであり、まるで本当に人間にアドバイスをもらっているような気持ちになります。

みゅん

2021年に、人間 vs GPT-3によるweb広告のコンテストが開催され、GPT-3が人間に勝利したという実績もあるんですよ!

以下のツイートにもあるように、webライター、ブロガーの間ではCatchyが話題になっています。

引用:Twitter

すでにCatchyを活用して記事を書いている人もいるようですね。

内容を重視したいライター

人間のような文章を生成できるAIなんですね。
すごいです!

みゅん

記事だけでなくSNS投稿などにも使えますよ。

作業効率が上がる

Catchyには記事制作のためのツールが充実しています。

  • 記事のアイデア
  • タイトル
  • 導入文
  • 見出し
  • 本文
  • メタディスクリプション etc.

記事の内容は決まっているのに、文章がまとまらないことってありますよね。

Catchyを使えば、自分で一言一句考えることに時間を費やすよりも、記事の内容を充実させることに集中できますよ。

みゅん

概要を細かく入力すればするほど、Catchyが複数のパターンを提示してくれます。

効率を重視したいブロガー

文章を「考える」から「選ぶ」になるってことですか!?

こちらのツイートではインフルエンサーのマナブさんが、AIを使ったブログの書き方や、webライター市場の変化も予想しています。

引用:Twitter

AIが一瞬で文章を作成してくれたら、作業効率が上がります。

みゅん

これからはAIを使いこなせるwebライターやブロガーが重宝される時代がくるかもしれませんね。

Catchyはスマホでも使える

Catchyはスマホのブラウザにも対応しています。

私も実際に使ってみましたが、パソコンと比べて特に不便なこともなく快適に使えました。

難しい操作は一切なく、タップと文字入力のみです。

効率を重視したいブロガー

スマホでも使えるのは嬉しいです。

みゅん

確かにそうですね。スマホのブラウザ対応だと、ちょっとしたスキマ時間で作業ができますよね。
Catchyで生成された文章は、アカウントに保存できるので便利です。

以下のツイートのように、外出先やスキマ時間で記事のアイデアを考えるのに役立ちます。

引用:Twitter

Catchyのおすすめの使い方は、通勤中などに「記事のアイデア」や「文章の候補」をスマホでいくつか生成して保存。

執筆・推敲は自宅に戻ってから、パソコンを使ってじっくり行う方法です。

時間を有効に使えて作業がはかどりますよ。

使用頻度に合わせた料金プランがある

Catchyには、いくつか料金プランがあります。

Catchyの会員になると毎月クレジットが付与され、ツールを使うとクレジットを消費していく仕組みです。

付与クレジットによって月額0円~9,800円(税込10,780円)まで、幅広いプランがあります。

あなたの使用頻度やクレジット数に合わせたプランを選んでくださいね。

内容を重視したいライター

毎月無料で使えるプランがあるのは嬉しいです。

みゅん

ライティングアシスタントツールを使うのが初めての方や、Catchyが役に立つのか不安な方に無料プランはおすすめです。

Catchy 無料 有料 どちら

Catchyを使うときに気をつけること

あっという間に記事制作ができるAIライティングアシスタントツールCatchy。

Catchyは便利な反面、利用するうえで気をつけたいポイントがいくつかあります

効率を重視したいブロガー

便利すぎて、ライターやブロガーの多くがCatchyを使うようになったらどうなるのでしょう……。

みゅん

そうですね。
自分でイチから書いていないとはいえ、使用するうえでの責任は自分にあります。
オリジナリティも加えて、上手に利用することが大切です。

この章では、Catchyを使うときに気をつけるポイントを解説します。

不適切な内容や禁止されているコンテンツを生成しない

Catchyでは、生成を禁止しているコンテンツがあります。

  • ヘイト
  • 虚偽の情報
  • ハラスメント
  • 暴力
  • グロテスクな表現
  • 自傷行為
  • 性的
  • 政治的
  • スパム
  • 詐欺的コンテンツ
  • マルウェア
  • 法令違反

Catchy公式サイトのコンテンツポリシーにも詳しく記載されています。

また、意図せずとも入力した語句によっては不適切な内容になってしまう可能性があります。

必ず生成された文章をチェックして、他人を傷つける表現がないか配慮したうえで利用しましょう。

必ずファクトチェックをする

ファクトチェックとは、生成された文章や記事内容が正しいかどうか事実確認をすることです。

Catchyを利用する際は、ファクトチェックが義務づけられています

誤った情報がないか確認し、正しく編集してから使用するようにしましょう。

Catchyのサイトでも以下のように明記されています。

Catchy にて生成されたコンテンツを利用する(例えば、生成された広告用のテキストを実際に広告のクリエイティブとして使用するなど)際には、必ずファクトチェック(生成されたコンテンツの内容の真偽の検証を意味します)を行い、正しく編集した状態で利用してください。

Catchy の利用において、意図的に誤解を招くようなコンテンツを作成し、利用、伝達、拡散することを固く禁じます。

引用:Catchy公式HPコンテンツポリシー
みゅん

Catchyを使用するしないに関わらず、正しい情報で記事を書くのはwebライティングの基本です。

効率を重視したいブロガー

誤った情報で書いた記事が、読者の生活を左右してしまう可能性があるということですよね。しっかりと自覚をもって執筆します。

コピー&ペーストをしない

GPT-3は優秀なAIですが、完璧ではありません。

ファクトチェックをして正しい内容であっても、文章をそのままコピー&ペーストして使うのはNGです。

Catchyの文章は、ところどころに誤字があったり、文章の流れが不自然だったりします。

読者に寄り添った記事を書きたいなら、AIが生成した文章のままでは物足りないでしょう。

記事を読んでもらいたいのは人間ですよね。

人間の心に響く文章を書くのは、人間にしかできません。

CatchyはあくまでAIによる「ライティングアシスタントツール」です。

使いどころをおさえて、賢く利用しましょう。

内容を重視したいライター

最終的に記事は、自分でチェックして編集します。

みゅん

Catchyで生成された文章に手を加えて、より良い記事を作りましょう!

AIコピーライティングツールCatchyの使い方とメリットまとめ

今回は、AIによるライティングアシスタントツール「Catchy」についてお伝えしました。

webライターやブロガーがCatchyを使うメリットは、以下4のつです。

  • Catchyに採用しているAIは精度が高く、人間味のある文章を生成できる
  • 概要を入力するだけで文章を生成できるため作業効率が上がる
  • スマホでも使える簡単な操作で時間を有効に使える
  • 幅広い料金プランがあり使用頻度に合わせて利用できる

Catchyは登録から記事作成まで、シンプルな操作で行えます。

面倒な作業をAIにお任せできれば、私たちはより良い記事を生み出すことに集中できますね。

ただし便利だからといってAIに頼っているだけでは、読者の心を動かす記事は書けません

Catchyで生成した文章は推敲し、ファクトチェックをして自分の記事に責任をもちましょう。

みゅん

新時代の心強いパートナーとして、Catchyを使ってみてはいかがでしょうか。

まとめ記事

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今だけ無料で限定公開します

女性に人気のWEBライターとブロガー2つの収入源を手に入れた方法を期間限定で無料公開!

  • WEBライターに挑戦したいけどやり方が分からない
  • ブロガーに挑戦したいけどやり方が分からない
  • そもそも自分はどっちが向いているの?

そんな悩みはありませんか? あなたはどっちかに絞る必要はありません。 2つの収入源を同時に手に入れた方法が分かる動画講座を期間限定で無料プレゼントします。

 

目次