【徹底調査】Catchy(キャッチー)は文章作成に使えない?AIツールの上手な活用法も解説

「ブログを立ち上げたばかりで記事を量産したい」「webライターの仕事を沢山こなしたい」

そんなあなたの心強いサポートツールとして注目されているAIライティングツール。

なかでも、驚く速さで登録者が増えているのが、「Catchy」です。

ライター

興味はあるけど、AIが作成した文章なんて使えないんじゃないですか?

みゅん

確かに数年前まではそのイメージでしたが、現在は驚くべき進化をとげているんですよ。

Catchyは文章作成だけじゃなく、タイトルから記事の構成までできる頼もしい機能をたくさん持っています。

一方で、やっぱり使えない……と感じる方もいるようです。

AIライティングツールは使う方法だけでなく、使いこなす方法を探る必要があります。

この記事でわかること
  • Catchyの「キーワードから文章作成」「短文を長文に」「リライト」のツールの使い方と使用感
  • 快適に使うためのコツ
  • webライター、ブロガーにおすすめのポイント
  • Catchyの得意なこと、不得意なこと

今回は実際に使ってみて、Catchyの使い心地から便利に使うコツまでを解説します。

それでは、AIライティングツールの可能性を一緒に体験してみましょう!

未経験から踏み出した今の私
「みゅん」はこんな人!
  • ライター ✕ ブロガー歴3年
  • ライティングサロン「SNT」運営スタッフ
  • 書人百花でブログ運営
  • stand.fmでもライター情報配信中
  • 書く仕事から書く人生へ
  • 欲しいものは全部あきらめない!そう堂々と言える自分が目標
  • ちょっぴり婚活中♪
みゅんです!
目次

【検証】Catchyが作成した文章は使えない?

自然な日本語で文章が作成されると評判のCatchy。

しかも、数秒から数十秒で作成してしまうというスピードも魅力の一つです。

\ まずは無料で会員登録 /

Catchyに登録すれば、無料で10クレジットもらえるので、試しに1記事書くこともできます。

AIの作成した文章は、果たしてどのくらいの精度なのでしょうか。

ちなみに、Catchyのトップページには「AIライティングアシスタントツール」とあります。

引用:Catchy

アシスタントツールなので、Catchyで作成した文章をそのまま使えるというわけではなさそうです。

とにかく試してみなければ始まらないので、文章を作成してみましょう。

Catchyにはさまざまなツールがありますが、今回は3つのツールを使ってみました。

  • キーワードから文章を作成
  • 短文を長文に
  • 文章をリライト

結論として、Catchyを使いこなすには指示の出し方がポイントです!

Catchyを使いこなすために必要なスキル
  • SEOの基本的な知識
  • 記事構成の基本的な知識
  • 具体的な指示を出す文章力
みゅん

結構、苦戦しました。人間なら当然できる判断でもAIには難しいことがあります。

それでは、さっそくみていきましょう。

キーワードから文章を作成してみよう

まず「キーワードから文章を作成」ツールにキーワードを入力します。

キーワードから文章を作成してみましょう。

今回使うキーワードは次の3つにしました。

執筆キーワード:コーヒー 淹れ方 種類

Catchyでキーワードを入力する際は、次の3つのポイントを押さえましょう。

  • 略語はできるだけ避け、正式名称を使う
  • 専門的な用語は説明を入れる
  • 具体的な表現にする

Catchyでは、文調も「丁寧」「カジュアル」「大胆」の3種類から選べます。

今回は「丁寧」で作ってみました。

引用:Catchy

キーワードを入れて「作成をする」をクリックしたら、9秒ほどで380文字の文章が作成されました。

特に気になる部分を太字にしています。

Catchyが作成した文章

コーヒーを淹れることは、個々の好みに合わせてカスタマイズすることができます芸術です。コーヒーを醸造の多数の方法は、それぞれ独自の長所と短所があります。コーヒーを醸造の 1 つの人気のあるメソッドは、注ぐ-醸造方法です。これは、コーヒーを醸造の効率的かつ比較的迅速な方法です。注ぐ-醸造は、注ぐ-ドリッパーの使用が含まれます。これは、1 つ、デカンタやマグカップの上に配置する円錐形のフィルターとのデバイスです。挽いたコーヒーをフィルターに入れ、お湯をゆっくりと注ぎ、コーヒーを浸すことができます。お湯が注がれる速度によって、コーヒーの濃さが決まります。この方法では、水の注ぐ速度を調整することができますので、コーヒーの味の高度な制御が可能です。これは、注ぐ-オーバー方法、コーヒーの味を自分の好みにカスタマイズしようとする人のための素晴らしい選択肢になります。

コーヒーの淹れ方には種類があること、それぞれの淹れ方によって濃さが変わること、自分の好みにできることなど必要な情報はきっちり入っています

ただ、コーヒーの淹れ方が「醸造」として表現されているのは違和感がありますね。

「コーヒーを淹れる」の英文は「brew coffee」となりますが、「brew」にはビールやワインなどを醸造するという意味も含まれているため、このような表現になってしまったようです。

みゅん

「淹れる(brew)」のように、英語と日本語の持つ意味合いが違うと難しい部分もありそうですね。

淹れるという言葉がCatchyでは抽象的だったのかもしれません。

そこで、淹れ方というキーワードを「抽出方法」に変えてみました

SEO対策としてはキーワードの変更はありえませんが、リライトを忘れなければ問題はありません

執筆キーワード:コーヒー 抽出方法 種類

引用:Catchy
Catchyの作成した文章

コーヒーの抽出は、1杯のコーヒーを作る上で重要なプロセスです。その方法は、コーヒーメーカーによって大きく異なります。最も一般的なのは、フレンチプレスと自動/電動ドリップコーヒーメーカーです。 フレンチプレスは、コーヒーかすに対して押される円筒形の鍋に紙または金属のフィルターを使用し、圧力で液体からそれらを削除します。この方式では、コクと風味の強いコーヒーができる。 自動または電気ドリップ式コーヒーメーカーは、広く普及している機械で、あらかじめ計量したコーヒーかすを入れた紙または金属のフィルターにお湯を通すことでコーヒーを抽出する。このマシンは、コーヒーかすを短時間で蒸らすので、よりマイルドで軽いコーヒーカップが生成されます。 これらの抽出方法の両方は、新鮮でおいしいですコーヒーを生成します。各個人に最適なコーヒー抽出方法は、個人の味と好みに依存します。コーヒーの作り方に間違いや正解はなく、全ては個人の好みの問題です。

「淹れ方」と「brew」の微妙なズレが気になりますが、コーヒー抽出方法という具体的な言葉にすると、よりわかりやすくなります。

みゅん

具体的なワードにすると自然な日本語に近くなるので、リライトも楽になりますね。

繰り返しますが、SEO対策としてはキーワードを変えるべきではないので、リライトの際に元のキーワードに戻すことを忘れないようにしましょう

短文から長文を作成できる

短文から文章をふくらませてくれるなんて、執筆に煮詰まったときの心強い味方になりますよね。

さっそく、短文を長文にできるツールの使い心地を確かめてみましょう。

今回入力した短文です。

入力した短文:コーヒーの淹れ方には種類がある

たった15文字の文章がどのくらいの長文になるのでしょうか?

引用:Catchy

入力して作成するボタンを押してから12秒ほどで作成された文章です。

Catchyの作成した文章

コーヒーを淹れるにはさまざまな種類があります。クラシックなフレンチプレスからトレンディなコールドブリューまで、それぞれの抽出方法には独自の風味があり、毎日のコーヒータイムをワンランク上のものにすることができます。フルボディの味をするには、フランス語プレスで間違って行くことはできません – ちょうど地面 4 分間蒸しプランジャーを押し込むことを確認してください。もう少し滑らかでマイルドな味わいを求めるなら、1杯分のコーヒーを注ぐのに最適な「ポットオーバー」を試してみてはいかがでしょう。それを設定し、それを忘れて」人の詳細は、自動ドリップ コーヒー メーカーは、非常に低いメンテナンス (ちょうどタンクを補充することを忘れないでください !) であることの追加の利点がありますを試してください。この便利なデバイスは簡単に使用でき、それはあなたが超大胆に行くか、あるいはおいしいクリーミーなコーヒーのための冷たい牛乳のガラスとそれを混ぜることができることを意味し、濃縮コーヒーを作る – あなたの黒と強いコーヒーが好きなら、最善の策はエアロプレスです。しかし、夏場のさわやかなコーヒー飲料には、コールドブリューがおすすめです。粗めに挽いた豆を、冷水または室温の水に入れるだけです。苦味のない、濃厚でコクのあるコーヒーができあがります。コーヒー通の方も、初心者の方も、いろいろな抽出方法を試して、コーヒーを楽しんでみてください。

たった15文字の短文からできた文章は613文字!

気になる部分を太字にしています。

フレンチプレスからエアロプレスという2000年代に入ってから普及している淹れ方まで、たくさんの情報が入っていますね。

フレンチがフランス語と訳されている部分など気になる部分がありますが、記事のたたき台としては十分使えそうです。

どんな情報を掘り下げたらいいのかもわかるので、執筆スピードも上がりますね。

みゅん

自分以外の視点から情報を集めてくれるのは、記事の作成には便利です。

Catchyで作成した文章をCatchyでリライト

Catchyで作成した文章をそのまま使うのは難しいので、リライトは必要です。

Catchyのリライトの機能も確かめてみましょう。

キーワードは「コーヒー」「淹れ方」「種類」でしたが、「淹れ方」では醸造となってしまうので、さきほどの「抽出方法」で作成した文章をリライトします。

  • 執筆キーワード:「コーヒー」「抽出方法」「種類」
  • 文章の雰囲気:丁寧
Catchyで作成した文章

コーヒーの抽出は、1杯のコーヒーを作る上で重要なプロセスです。その方法は、コーヒーメーカーによって大きく異なります。最も一般的なのは、フレンチプレスと自動/電動ドリップコーヒーメーカーです。 フレンチプレスは、コーヒーかすに対して押される円筒形の鍋に紙または金属のフィルターを使用し、圧力で液体からそれらを削除します。この方式では、コクと風味の強いコーヒーができる。 自動または電気ドリップ式コーヒーメーカーは、広く普及している機械で、あらかじめ計量したコーヒーかすを入れた紙または金属のフィルターにお湯を通すことでコーヒーを抽出する。このマシンは、コーヒーかすを短時間で蒸らすので、よりマイルドで軽いコーヒーカップが生成されます。 これらの抽出方法の両方は、新鮮でおいしいですコーヒーを生成します。各個人に最適なコーヒー抽出方法は、個人の味と好みに依存します。コーヒーの作り方に間違いや正解はなく、全ては個人の好みの問題です。

Catchyで作成した文章のリライト

コーヒーの抽出は、一杯のコーヒーを淹れるために極めて重要な動作である。
コーヒー メーカーは、一般的に 2 つの方法を採用します。
フレンチプレスと電動ドリップです。
フレンチプレスは、紙や金属のフィルターを円筒の中に入れ、挽いた豆に押し当て、圧力をかけて抽出する。
そのため、香りの強いコーヒーが飲める。一方、電動ドリップ式は、紙や金属のフィルターに決められた量の豆を入れ、短時間で蒸らしながら抽出します。
そのため、より軽く、繊細な味わいが楽しめる。
結局のところ、最適な抽出方法は飲む人の好みによって異なり、明確な正解はないのである。

わかりやすくて要点がまとまっている印象ですが、文章の雰囲気が変わってしまいました。

みゅん

キャラクター設定のあるサイトでは難しいですが、企業サイトなどのビジネス記事には少しの手直しで済みそうですね。

もう一つ、リライトのツールでみゅんブログの記事をリライトしてみましょう。

今回試したのはこちらの導入文です。

元記事

「ブログ記事の文章がたどたどしい気がするけど、どうしていいかわからない……」

「よく読んでいるブログ記事のようにならないのはどうして?」

こんなお悩み、ありませんか?

わたしも書きあがった記事を読み返して「何か違うな」と思うことはよくあります。
リサーチしたことを頭の中でまとめるまではできても、いざそれを文章にして伝えるって意外にむずかしいですよね。

そこで、今回は書きあがった文章を読みやすくするにはどうしたらいいのか、書き方のコツについてお話します。

リライト後

ブログの記事の構成に質の低下を感じるが、どうすればいいのか明確な解がない。

いつも消費している作品が別クラスになっているような気がする。

このようなことはありませんか?

自分の作品を常に読み直していると、何かがおかしいと認識するのですが、何がおかしいのか特定することができません。

この記事では、流れるような文章を作るためのいくつかのガイドラインを探ります。この記事を読んだ後、修正すべき点やスムーズな文章を作るための方法が明確になるはずです。

言葉の言い換えによって、よりビジネス感のある文調になっています。

しかし、みゅんブログの雰囲気ではなくなってしまいました。

丁寧といっても硬い文章から柔らかめの文章までいろいろあるので、何回かリライトを繰り返すか、カジュアルでリライトする必要がありそうです。

みゅん

改まった文調を求められるクライアントワークには、便利に使えますね。

Catchyはwebライター・ブロガーにおすすめ!

web記事では、あらゆる情報を網羅した上に執筆スピードが求められます。

Catchyは時短で記事の作成ができること、自分とは違った視点に気づけるなど、一人での記事作成では難しいことも可能です。

そこで、クライアントワークでの使い方やブログ運営でのメリットなどをみていきましょう。

みゅん

SEO対策や記事の構成など基本的な知識があれば、とても便利に使えますよ!

クライアントワークで便利に使おう

クライアントワークの依頼文には「週に2記事」「月に5記事」など執筆スピードの条件が提示されています。

質の良い記事をたくさん書けるライターは、とても重宝されますよね。

とはいえ、何をリサーチするのかの見極めや構成をどうするかなどは、手間と時間がかかります。

Catchyで文章作成すれば一番手間がかかる部分の時短が可能です。

Catchyを使うことで得られるメリットをあげてみましょう。

Catchyを使うメリット
  • 時短で記事が作成できる
  • リサーチのポイントが分かり、いろいろな視点でリサーチができる
  • ファクトチェックや誤字脱字チェックなどに時間を割ける

Catchyで作成したものをそのままコピペして納品はできませんが、一番手間のかかる記事の基礎部分が簡単にできてしまうので、リサーチやファクトチェックなどに時間が割けます

また、自分では気がつかない視点での情報を得ることも可能なので、結果的に完成度の高い記事がすばやく大量に執筆できそうです!

記事の量産ができれば、納期の厳しい案件にもチャレンジしてみてもいいかもしれません。

ただし、誤字脱字の修正、ファクトチェックをしてリライトは必ずしましょう。

ブログ運営でCatchyを使うメリットとは

Catchyを使えば記事の量産が簡単になるので、記事数を必要とするブログの運営にはとても便利なツールです。

Catchyを使うメリット
  • 記事を量産できる
  • アイディアやヒントが見つかる

Catchyの記事制作ツールを使えば、タイトルや導入文やメタディスクリプションなどの作成の基本的な文章作成が簡単にできます。

後は、ファクトチェックと誤字脱字を修正して、文章をブラッシュアップするだけ。

Catchyは具体的な文章作成が得意なので、具体例やネガティブなキーワードでの記事作成のヒントとして活用するのもおすすめです。

おすすめのツールはこちら!

  • 質問に答える
  • 商品説明文
  • 反対意見を述べる

Catchyに入力する際に、見出しなどを細かく設定して作成すれば、かなり理想的な文章作成が可能です。

SNSの投稿もお任せできる!

ブログ運営には、SNSでの発信も欠かせません。

商品の検索をInstagramでする方が増えているので、ブログ運営にも有効に使いたいところ。

Catchyなら、Instagramの投稿文もハッシュタグも作成できるんです。

STEP
Instagramの投稿文のツールを選んでクリック

Instagramの投稿文の画面では、何についての投稿文なのかを入力します。

今回は、「コーヒーの淹れ方の種類を紹介」にして、文章の雰囲気は「カジュアル」に設定しました。

引用:Catchy
STEP
作成ボタンをクリックする

作成ボタンをクリックすると、投稿文が数秒で作成されます。

STEP
文章を選んで投稿する

11個の候補が出てきました。サイトや記事の目的に合わせて選べそうですね。

Catchyで作成された投稿文
  1. コーヒー抽出の世界を探求する準備ができている – あなたの旅を開始するのに最適な場所はここです。
  2. コーヒーを正しく淹れることで、最高の一杯を味わうことができます。
  3. コーヒーの淹れ方のコツは、あなたの淹れ方にあります。
  4. コーヒーの淹れ方は芸術です-技術を習得し、その隠れた奥深さを発見しましょう。
  5. コーヒーの淹れ方のいくつもの複雑さを知って、あなたのコーヒー体験を次のレベルへ!
  6. フィルターからフレンチプレスまで、コーヒーの淹れ方のニュアンスを探ろう!
  7. 伝統と科学の結晶、コーヒーの淹れ方で味覚が踊る!
  8. コーヒー通は注目!コーヒー醸造の偉大さの根拠がここにある。
  9. コーヒーの知識を深め、完璧な一杯を作る秘訣を学ぼう!
  10. コーヒーの抽出はボタンを押すだけではありません – その奥深くに飛び込んで、味の可能性を最大限に引き出しましょう
  11. コーヒーの淹れ方のいくつもの複雑さを知って、あなたのコーヒー体験を次のレベルへ!

バラエティに富んだ文章がこれだけあれば、ブログのターゲットにささる文章を選べそうです。

次にハッシュタグも作成してみましょう。

ハッシュタグも同様に例文を入力して作成ボタンをクリックします。

入力する例文は500文字まで入力可能なので、今回、キーワードで生成したものと文章を入力して生成したものと比べてみましょう。

今回のハッシュタグの作成条件
  • キーワードによる作成、文章による作成ともに文章の雰囲気は「丁寧」で統一
  • キーワードによる作成は「コーヒーの淹れ方の種類の説明」と入力
  • 文章はCatchyで作成した文章(リライト前)の「抽出方法」を元の「淹れ方」に直して入力

1.キーワードで作成する

引用:Catchy入力画面
キーワードから作成されたハッシュタグ

#コーヒー醸造 #コーヒー文化 #コーヒーの知識 #醸造の種類 #手動醸造 #コーヒー醸造のコツ #醸造の基本 #コーヒー醸造の基本 #ドリップ醸造 #フレンチプレス醸造

2.文章から作成する

引用:Catchyの入力画面
文章によって作成されたハッシュタグ

#コーヒー淹れ方 #コーヒー抽出方法 #コーヒー作り #コーヒーメーカー #フレンチプレス #オートドリップ #電動ドリップ #フルボディフレーバー #コーヒー好み #コーヒー好き

文章を入力したほうが、より具体的になるので使えそうなハッシュタグが作成されました。

AIなので、人間のように察するというのはまだ難しいのかもしれません。

Catchyは、具体的なことや情報量が多い事柄の文章作成が得意

抽象的なこと、専門性の高いもの、情報量が少ないものは不得意

より具体的にわかりやすい指示の出し方のスキルが必要ですね。

【まとめ】Catchyの文章作成は優秀!上手に活用して執筆スキルを磨こう

Catchyは自然な日本語での文章作成ができる、時短で記事の作成ができると登録者が増えています。

キーワードからの文章作成や短文を長文にする、リライトするなど数秒でできてしまうので、クライアントワークやブログ記事作成の心強いツールにできそうです。

一方で、AIライティングツールは本当に使えるのかという不安はぬぐえないですよね。

AIならではの得意・不得意な分野があるのは否めません。

Catchyの特徴を知って自分なりに使うポイントを押さえる必要があります。

Catchyの使いやすいポイント
  • 記事の作成スピードが上がる
  • 多角的な視点で記事の作成が可能
  • SNS用の文章も作成できる
Catchyの使いにくいポイント
  • 指示のしかたで使えない文章になる
  • リライトやファクトチェックは必須
  • 情報量の少ない事柄には弱い

Catchyで作成した文章をそのまま載せるわけにはいきませんが、記事のたたき台が簡単にできるので、誤字脱字やファクトチェックが入念にできます。

客観的に自分の記事を見られるのも記事の質を高めるには役立ちます。

みゅん

いろいろなライティングツールを試してみましたが、Catchyはおすすめです。

\ まずは無料で会員登録 /

CatchyのようなAIライティングツールはこれからも進化を続け、webライターのライティングスタイルを変えていく可能性があります。

これからライターには、Catchyを使いこなすスキルが必要になってくるでしょう。

Catchyは新規登録すれば無料で10クレジット分の体験ができます。

この機会に、あなたも新しいライティングスタイルを体験して、少し先の未来の準備を始めてはいかがでしょう?

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今だけ無料で限定公開します

女性に人気のWEBライターとブロガー2つの収入源を手に入れた方法を期間限定で無料公開!

  • WEBライターに挑戦したいけどやり方が分からない
  • ブロガーに挑戦したいけどやり方が分からない
  • そもそも自分はどっちが向いているの?

そんな悩みはありませんか? あなたはどっちかに絞る必要はありません。 2つの収入源を同時に手に入れた方法が分かる動画講座を期間限定で無料プレゼントします。

 

目次