Catchy(キャッチー)は無料で使えない?有料プランやAIの文章レベルを徹底解説!

時短になる!」「今までのAIライティングよりレベルが高い!」と噂のCatchy(キャッチー)。

CatchyはGPT-3という「自然言語処理モデル」が使用されたAIライティングツールです。

2022年11月にアップデートを行ったことによりテキスト生成能力はさらに改善されました。

簡単にアカウント登録できて、毎月10クレジット無料で使えるのも魅力の一つ!

webライター

無料といっても結局有料になってしまわない?

ブロガー

AIライティングは気になるけど……有料で使う価値はあるの?

みゅん

忙しいライターやブロガーは、いいライティングツールをお得に使いたいですよね!

この記事では、今話題になっているCatchyの有料プランや文章作成レベル、メリットについて解説します。

Catchyの魅力を知れば知るほど、AIライティングツールを使って記事を書いてみたくなりますよ!

未経験から踏み出した今の私
「みゅん」はこんな人!
  • ライター ✕ ブロガー歴3年
  • ライティングサロン「SNT」運営スタッフ
  • 書人百花でブログ運営
  • stand.fmでもライター情報配信中
  • 書く仕事から書く人生へ
  • 欲しいものは全部あきらめない!そう堂々と言える自分が目標
  • ちょっぴり婚活中♪
みゅんです!
目次

Catchy(キャッチー)は無料で使える?使えない?

Catchyはアカウント登録をすれば無料で10クレジット使えます

アカウント登録の方法は以下のアカウントをもっていれば、クリック一つで簡単に登録が可能です。

  • Googleアカウント
  • Facebookアカウント

無料で付与される10クレジットは毎月リセットされます。

クレジットとは、文章の生成ツールを使用する際に消費するポイントのようなもの。

1クレジット程度の生成ツールを、お試しで少し使うなら足りるかもしれません。

クレジット数は生成ツールによって異なり、4クレジット使用のものなどもあるためすぐに使い切ってしまいます。

本格的に活動しているwebライターやブロガーにとっては10クレジットでは物足りないので、有料プランも検討した方がいいでしょう。

みゅん

どのようなプランがあるのか、使う価値はあるのかも知りたいですよね。

有料プランの内容を次で説明します。

Catchy(キャッチー)の有料プランをチェック

記事を多く書くライターやブロガーは、10クレジットの無料分ではCatchyのさまざまなツールを使うには少し物足りないと感じるはず。

有料プランを使うにしても、どのプランがいいのかも悩むところですよね。

以下の2点について詳しく解説します!

  • 有料プランの内容
  • 記事作成に必要なクレジット数

有料プランの内容

Catchyの料金プランは以下の通りです。

引用:Catchy

10クレジット毎月付与のFreeプランでは足りない場合、StarterもしくはProの月額プランになります。

Catchyはクレジットの単発購入はできません。

みゅん

今回は法人ではなく、個人で使う場合のStarter・Proプランを紹介します。

Starterプラン

Starterプランは、100クレジットごとに月額が変わってきます。(2023年1月現在の価格)

クレジット数 月額
1003,300円/月(税込)
2006,270円/月(税込)
3008,910円/月(税込)

Starterプランでできる内容は以下の通りです。

  • プロジェクト無制限
  • 100以上の生成ツール
  • 記事制作ワークフロー
  • チャットサポート

Freeだと一つまでだったプロジェクトが無制限になったり、チャットサポートがついたりと機能が充実します。

Proプラン

本格的に使いたい人におすすめなProプランは、年払いにすると20%オフになり、月額よりもお得になります。

月額払い年払い(月割)
10,780円/月(税込)8,624円/月(税込)

Proプランでは以下のことが可能です。

  • クレジット無制限
  • プロジェクト無制限
  • 100以上の生成ツール
  • 記事制作ワークフロー
  • チャットサポート
  • 新機能の早期アクセス

Starterプランとの一番の違いは、クレジットが無制限になるという点!

新機能の早期アクセスが可能になることも追加されました。

Starterの300クレジットとProの年払い(月割)の金額を比較すると、Proの方が安くなります。

300クレジット以上を継続的に月に使いたい場合はProの年払いがおすすめです。

みゅん

でも駆け出しのライターやブロガーだと、自分がどのくらい使うかわからないですよね。

100クレジットであれば、月額3,300円で始められます。

「いきなり月額は少し怖い」と思った方にお伝えしたいのが以下の4点です。

  • 契約期間に縛りはない。
  • Starter、Proプランの月額払いは最短1ヶ月から利用可能
  • 解約しても請求期間の終了日までは無制限に使える。
  • 利用期限が過ぎた後は自動でフリープランに移行される。

10クレジットでは足りなくて有料プランを試してみたいという人は、Starterプランの100クレジットから使ってみることをおすすめします!

記事作成に必要なクレジット数は?

Catchyには100以上の文章の生成ツールがあり、使う生成ツールによって使用するクレジット数が異なります。

みゅん

多すぎて初めはどれを使っていいか悩んでしまいますよね。

ライターやブロガーが使うと便利な生成ツールと必要なクレジット数を紹介します。

おすすめ生成ツール必要クレジット数
記事のアイデア1
メタディスクリプション1
記事タイトル1
記事の導入文2
記事の本文4
記事の結論1
文章をリライト2
キーワードから文章生成2

記事を書くのにいくつか生成ツールを使った場合、Freeプランの10クレジットでは1〜2記事しか書けないかもしれません。

「記事制作」のジャンル以外にも、以下のようなジャンルがあります。

みゅん

もし有料プランを使うなら他のジャンルのツールも使用して、表現のヒントにするのもアリですね♪

【実践】CatchyのAI精度はどのくらい?

Catchyの有料プランの内容や必要なクレジット数の例などを紹介してきました。

みゅん

でも使う上でやっぱり一番気になるのは、Catchyの文章作成レベルですよね。

CatchyのAI精度について、記事を書くライターとして実践してみました!

記事の設定
  • メインキーワード…webライター、始め方、初心者
  • サジェストキーワード…副業、未経験
  • ペルソナ…副業(webライター)に興味のある30代女性

Catchyのツールを使って、記事のタイトル導入文本文を作成してみましょう。

SEOにつながるツールも紹介します。

「記事タイトル」の作成

生成ツールのところから「記事タイトル」を選択します。

タイトルを作成する際、文章の雰囲気が「丁寧」「大胆」「カジュアル」の3種類から選べました。

「丁寧」でタイトルを作成してみたらどうなるのか試してみましょう。

引用:catchy

「記事のトピック」は、より正しく意図を読み取ってもらうため少し長めに、文章で作成します。

記事のトピック

初心者でもできるWebライターの始め方を知りたくないですか?副業に興味のある30代女性にとってWebライターはおすすめです。未経験でもできる仕事だからです。

5秒かからずに、「丁寧」バーションのタイトルが5つ出来上がりました。

丁寧」でタイトル生成
  • 「30代女性のためのWebライティング入門」(20文字)
  • 「未経験から始めるWebライティングで収入を得る方法」(25文字)
  • 「Webライターの副業を始めるコツ」(16文字)
  • 「副業としてのWebライティングのメリットを探る」(23文字)
  • 「今日から始めるWebライティングの仕事ガイド」(22文字)

文章が生成されたら、「保存済み」にすることを忘れないようにしましょう。

「大胆」と「カジュアル」の例も紹介します。

「大胆」でタイトル生成
  • 「9時5時の仕事をやめて、Webライターのキャリアをスタートさせる方法」(34文字)
  • 「ウェブライティングで桁の収入を得る方法。30代女性のための実証済みの戦略」(36文字)
  • 「未知への挑戦:ウェブライターとしてのキャリアをスタートさせるためのビギナーズガイド」(41文字)
  • 「初心者のためのウェブライティング30代女性が副業を始めるための確実な方法」(36文字)
  • 「オンラインライティングシーンで活躍するために。ステップ・バイ・ステップ・ガイド」(39文字)
「カジュアル」でタイトル生成
  • 「30代女性初心者のための、稼げるネットライターとしてのキャリアを確立する方法-ガイド」(42文字)
  • 「オンラインライティングシーンで活躍するために。ステップ・バイ・ステップ・ガイド」(39文字)
  • 「オンライン・ライティングを始める。30代からのライティングの心得」(32文字)
  • 「ウェブライティングのメリットを探る。30代女性初心者のためのガイド」(33文字)
  • 「Webライティングを成功させるための初心者の心得。30代女性向けガイド」(35文字)

「丁寧」「大胆」「カジュアル」それぞれでテイストの違うタイトルが出来上がりました。

みゅん

でも、SEOを重視したタイトルができているわけではないですね。

別の言葉で違う表現に言い換えになっているため、使いたいキーワードがなくなっているものもあります。

SEOを意識する場合は、できあがったタイトルをヒントに、自分でキーワードを盛り込んだり、文字数を整える必要があるでしょう。

「記事の導入文」の作成

導入文も作ってみましょう!

「記事作成」のツールから「記事の導入文」を選択します。

作成する際、「記事タイトル」部分は、先ほどのタイトル生成ツール(大胆)を使って出来たものをヒントに入力してみました。

タイトル案

「【初心者必見】webライティング未経験の30代女性が副業を始めるための確実な方法」

引用:Catchy

以下のような検索結果がでてきました。

引用:Catchy

5秒ほどで200文字弱の導入文が二つ作成されます。

みゅん

内容や読者を惹きつける表現は導入文として十分なレベルですね!

接続詞や言い回しなどは、あとから自分で手直ししましょう。

「本文」の作成

catchyのAI精度は十分高いとわかってきました。

本文も作成してみましょう♪

記事のタイトルと導入文は、catchyの生成ツールで作った文章に少し手を加えました。

見出しも、導入文の内容をもとに作成したものを入力しています。

引用:Catchy

「丁寧」で検索するとどうなるでしょうか?

引用:catchy
引用:Catchy

作成にかかった時間はわずか10数秒で、1503文字の記事ができてしまいました

本文の作成ツールを使用すれば、文章を足したり、言葉を言い換えたりすることで、立派な記事が短時間で書けるでしょう。

【番外編】記事のSEOには「関連キーワードを見つける」がおすすめ

記事のSEOをしたい場合には、「アイデア」の生成ツールにある「関連キーワードを見つける」を使うのがおすすめです。

トピックに、例文を入力して「作成する」ボタンを押すと、共起語になりそうなフレーズが多く出てきます

共起語とは…一つのキーワードと一緒に使われやすい語句のこと。共起語を意識して記事を書くことでSEOだけではなく、コンテンツの質も上がります。

引用:Catchy

今回は、webライティング、フリーランスライター、フリーランスwebライターなどの関連フレーズが19個出てきました!

みゅん

記事の中に「関連キーワード」を盛り込むことで、よりSEOにつながるのではないでしょうか?

webライター・ブロガーがCatchy(キャッチー)を使うメリット

webライター・ブロガーがCatchyを使うメリットは4つ挙げられます。

  • 記事作成の時短になる
  • アイデア出しができる
  • 語彙力や表現方法など自分の引き出しを増やせる
  • スマホでも使える

一つずつ見ていきましょう。

記事作成の時短になる

Catchyには記事のアイデアから、タイトル、導入文、本文に至るまでさまざまな文章作成ツールがあります。

文章作成にかかる時間は数秒から数十秒。

日本語の文章として内容は十分通じるもので、書きたい方向性からも大きく外れていませんでした。

ただし、言い回しや細かい文法などは手直しが必要です。

何も調べていない状態から使用すれば、作成した文章からヒントを得て掘り下げることもできます。

みゅん

いろいろなツールを使うほど、時短になり、空いた分の時間を他のことにまわせますね。

アイデア出しができる

記事作成のSEOには「関連キーワードを見つける」というツールがおすすめだとお伝えしました。

他にも「KWから文章を生成する」というツールも、キーワードを入力するだけで600文字程度の文章を作成してくれます。

「KWから文章を作成」を内容に入れている記事を内部リンク

記事のアイデアに困った際には、さまざまなツールを試してみることで新たな視点を見つけられるでしょう。

語彙力や表現方法などの引き出しを増やせる

webライター・ブロガーにとって、語彙力や文章の表現方法は、持っていれば持っているほど身を助けます。

Catchyの魅力は、丁寧カジュアル大胆といくつかの表現方法を試せるところです。

書きたいトピックを、さまざまなニュアンスで文章にしてくれます。

自分の概念になかった表現の文章をみることで、ライターとしての引き出しをより増やせるでしょう。

みゅん

単なる記事の作成ツールだけでなく、表現方法の勉強ツールとしても利用できるのは大きなメリットですね。

スマホでも使える

Catchyはスマホでも使用できます。

スマホでも使いやすいのでおすすめです。

記事を量産したいwebライターやブロガーにとって、PCがなくてもスマホで簡単に記事作成ができてしまうのは大きな魅力です。

【まとめ】Catchy(キャッチー)は無料分だけでは物足りない!まずは月額の100クレジットで試してみよう

AIライティング、CatchyのFreeプランでは10クレジットが無料です。

記事を多く書くライターやブロガーがCatchyを活用したい場合、クレジット数は足りないと感じるでしょう。

今回は有料プランやAIの文章作成の精度、webライターとブロガーが使うメリットについて解説しました。

個人が使える有料プランはStarterプランとProプランです。

StarterプランProプラン
100クレジット:3,300円/月(税込)
200クレジット:6,270円/月(税込)
300クレジット:8,910円/月(税込)

<できること>
プロジェクト無制限
100以上の生成ツール
記事制作ワークフロー
チャットサポート
年払いだと20%オフ
月額払い:10,780円/月(税込)
年払い(月割):8,624円/月(税込)

<できること>
クレジット無制限
プロジェクト無制限
100以上の生成ツール
記事制作ワークフロー
チャットサポート
新機能の早期アクセス
StarterプランとProプランの金額とできることの比較

継続的に300クレジット以上使うのであれば年払いのProプランの方がお得です。

自分がどの程度使うかわからない人は、最短1ヶ月からStarterプランを試せます。

AIの精度は接続詞や言葉の言い回しなどの手直しは必要ですが、内容は大きく外れてはいませんでした。

キーワードや例文を入れるだけで、さまざまな視点から文章が短時間で作成されます。

webライター・ブロガーがCatchyを使うメリットは以下の通りです。

Catchyをwebライター・ブロガーが使うメリット
  • 記事作成の時短になる
  • アイデア出しができる
  • 語彙力や表現方法など自分の引き出しを増やせる
  • スマホでも使える
みゅん

忙しいライターやブロガーにとって、Catchyは十分使う価値があります!

時短になった分を他に使ったり、新しいアイデアや表現を身につけることもできます。

間違いなく、世界が広がりますよね。

有料プランを使うのであれば、100クレジット3,000円の月額で、自分の執筆スタイルに合う使い方を試してみてはいかがでしょうか?

Catchyを使いこなせた先には、ライターとして品質の高い記事が書けるようになっているかもですよ♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

今だけ無料で限定公開します

女性に人気のWEBライターとブロガー2つの収入源を手に入れた方法を期間限定で無料公開!

  • WEBライターに挑戦したいけどやり方が分からない
  • ブロガーに挑戦したいけどやり方が分からない
  • そもそも自分はどっちが向いているの?

そんな悩みはありませんか? あなたはどっちかに絞る必要はありません。 2つの収入源を同時に手に入れた方法が分かる動画講座を期間限定で無料プレゼントします。

 

目次