【ブログ記事】リード文の書き方をテンプレつきで解説!SEO対策を押さえた魅力的な導入文とは?

ブログ記事のリード文は「読者に先を読み進めてもらう」という、超!重要な役割を担っています。

魅力的なリード文がスラスラ書けたら嬉しいですよね。

でも、そんな気持ちとは裏腹に、記事冒頭でつまずいてしまうライターはけっこう多いんです。

この記事を読んでいるあなたも、こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 書く内容が思いつかず、手が止まる
  • 納得がいく文が書けず、何度も書き直している
みゅん

私も書き方を知るまでは、方向が定まらず困っていました。

読者は、リード文を読んで記事本文に進むかどうかを決めています。

しっかりリサーチしてすばらしい内容を書いても、たった数行の導入で記事を離れてしまうことも多いのです。

そこでこの記事では、読者をひきつけるリード文の書き方を解説し、すぐに使えるテンプレートを紹介します。

  • リード文の書き方がすっきり分かる
  • テンプレートを使って、魅力的なリード文が簡単に書ける

書き方やテンプレートを知るだけで、内容に困らないばかりか、読者が長く滞在する記事になります!

あなたがリード文に書く内容で頭を抱えることは、もうありません。

読者の心をわしづかみにして、ブログ記事を最後まで読んでもらいましょう♪

未経験から踏み出した今の私
「みゅん」はこんな人!
  • ライター ✕ ブロガー歴3年
  • ライティングサロン「SNT」運営スタッフ
  • 書人百花でブログ運営
  • stand.fmでもライター情報配信中
  • 書く仕事から書く人生へ
  • 欲しいものは全部あきらめない!そう堂々と言える自分が目標
  • ちょっぴり婚活中♪
みゅんです!
目次

【ブログ記事】リード文の書き方の基本を押さえよう

まずは、リード文の基本を押さえましょう。

基本を知っていれば、テンプレートを活用しオリジナルの文も作れるようになります。

みゅん

あなたの魅力が伝わる文章を書くことで、ブログのファン獲得につながりますよ♪

リード文の役割

読者はリード文を読んで、続きを読むかどうかを判断します。

「読者に読み進めてもらう」という目的のために、リード文が担う役割は次の2つです。

  1. 記事の内容を端的に伝える
  2. 続きを知りたくなる「しかけ」で先を読むよう誘導する

あとに紹介する「リード文の流れ」に沿って書けば、記事の内容がきちんと伝わり、読者をひきつける文章が書けます。

リード文の文字数

リード文の文字数に特に決まりはありませんが、500文字以内が良いです。

  • 短すぎると、記事の内容が伝わらない
  • 長すぎると、本文に進む前に飽きる

はじめのうちは、この記事で紹介しているテンプレートをまねして書いてみてくださいね。

慣れてくると、無駄なく必要なことが伝わるリード文が作れます。

リード文のSEO対策

リード文でできるSEO対策は、次の2つです。

  1. 狙ったキーワードを2回以上使う
  2. 「権威性」と「実績」をアピールする

1つずつ見ていきましょう。

狙ったキーワードを2回以上使う

選定したキーワードを、リード文中で2回以上使いましょう。

Googleなどの検索エンジンは、読者が最初に目にする記事冒頭の内容を重要視しているからです。

この記事のキーワードは「ブログ記事」「リード文」「書き方」「テンプレート」です。

  • ブログ記事…2回
  • リード文…6回
  • 書き方…4回
  • テンプレート…3回
みゅん

サジェストキーワードを自然な形で盛り込むのも、効果があります。

「権威性」と「実績」をアピールする

次のような人が書いた記事は、読者だけでなく、Googleにも評価されます。

  • 社会的に認められるような知識や技術(=権威性)を持つ人
  • 正確な情報が発信できるような「実績」がある人

情報に根拠があり、内容が信頼できる記事を書ける人だと、Googleが判断するのです。

読者にとって「権威性」と「実績」は安心材料になり、文章に説得力が増します。

この記事では、リード文の後にある自己紹介で示しています。

  • 権威性…ライティングサロン「SNT」運営スタッフ
  • 実績…ライター ✕ ブロガー歴3年、月40万円稼ぐ

「この人なら信頼できる」と読者が思うアピールをしましょう。

リード文の流れ

次のような流れにすると、迷いなくリード文が書けます。

  1. 共感
  2. 問題提起
  3. 記事の内容
  4. 読者が得られるメリット
  5. 結論

次の章で、テンプレートとともに1つずつ見ていきましょう。

【ブログ記事】リード文の書き方はテンプレに学ぼう

それでは、次の5つの項目別に、テンプレートを紹介しながら解説します。

  1. 共感
  2. 問題提起
  3. 記事の内容
  4. 読者が得られるメリット
  5. 結論

1つずつ見てみましょう。

共感

まずは「そう!そう!」とうなずくような内容で、読者の気持ちに寄り添います

ブログ記事のリード文は「読者に先を読み進めてもらう」という、超!重要な役割を担っています。

魅力的なリード文がスラスラ書けたら嬉しいですよね。

でも、そんな気持ちとは裏腹に、記事冒頭でつまずいてしまうライターはけっこう多いんです。

この記事を読んでいるあなたも、こんなお悩みを抱えていませんか?

  • 書く内容が思いつかず、手が止まる
  • 納得がいく文が書けず、何度も書き直している

共感を示すには、読者に問いかけるのが最も簡単です。

読者を具体的に思い浮かべて「~ではありませんか?」「~ですよね?」と尋ねます。

テンプレート

最近お腹周りが気になってきたあなた。

スラリとした昔の写真を見て、ため息をついていませんか?

次の記事では、読者も日々感じていそうなことを、問いかけによって再認識させています。

具体例

春から夏にかけて暑くなり、秋から冬になると少しずつ寒くなっていく。

そんな日本の四季が、最近ヘンだと思いませんか?

引用:ライティングサロンSNT「2030年まであと少し!氷河期が来るとどうなるのか想像できますか?

問題提起

ここでは読者が抱える問題とその背景、問題によって引き起こされる事態を、はっきりと書きましょう。

読者は、リード文を読んで記事本文に進むかどうかを決めています。

しっかりリサーチしてすばらしい内容を書いても、たった数行の導入で記事を離れてしまうことも多いのです。

問題は言い切り、引き起こされるトラブルは読者を少しあおりましょう。

テンプレート

年齢とともにやせるのが難しくなる上、太りやすくなります。

早くやせたい一心で、つい無理なダイエットに手を出して、リバウンドすることも。

リバウンドを繰り返すと、さらにやせにくく太りやすい体になってしまうのです。

次の記事は、読者に刺さる表現が印象的です。

具体例

「フキハラ」は単なる不機嫌とは違います、そしてとても身近でおきています。

「フキハラ」がハラスメントだと知らずに被害にあっている人もいます。

また、自分も「フキハラ」しているかも、とドキッとした方もいるのでは?

引用:ライティングサロンSNT「【フキハラの意味と対策を解説】職場や家庭であなたがされない!しない!方法とは?

記事の内容

ここで、読んでいる記事は悩みや問題を解決できる内容だと分かる文章を入れましょう

そこでこの記事では、読者を惹きつけるリード文の書き方を解説し、すぐに使えるテンプレートを紹介します。

「〇つ」など数字を出すときは、その内容も具体的に書くと、読者に余計な疑問を感じさせません。

テンプレート

リバウンドしにくいことで話題の○○ダイエットは、ダイエット法に悩んできたあなたにおすすめです。

この記事を読むと、○○ダイエットを成功に導く3つのコツが分かります。

  1. △△する
  2. □□しない
  3. ××する

次の記事では、一文で簡潔に書かれています。

具体例

この記事では、テンプレートをダウンロードして、Notionを始める方法を紹介します。

引用:ライティングサロンSNT「Notionはテンプレートのダウンロードで情報管理が今すぐ簡単にできる!

読者が得られるメリット

読者は忙しいので、メリットがあると分かっているときだけ、記事を読み進めます。

メリットが目立つように、箇条書きやボックスで囲むのもおすすめです。

  • リード文の書き方がすっきり分かる
  • テンプレートを使って魅力的なリード文が簡単に書ける

読者がメリットを想像できるように、表現を工夫しましょう。

テンプレート

3つのコツを押さえるだけで、ダイエットをあきらめかけていたあなたも、理想の体型に近づくことができます。

次の記事は、くわしい説明で読者を安心させています。

具体例

「こうするといいよ」という小手先のテクニックではなく、「離乳食を食べさせる上で、親にもっていてほしいマインド」についてお話します。

これを知っておくと、赤ちゃんの(親から見ると)困った行動も、これのことかー!と思えて、少しだけ気が楽になるはず!

引用:ライティングサロンSNT「離乳食はつらい?管理栄養士が子どもの発達からみた役割を解説!

結論

読者が安心して先を読めるように、記事を読むとどのようなゴールが待っているのかを書きましょう。

あなたがリード文に書く内容で頭を抱えることは、もうありません。

読者の心をわしづかみにして、ブログ記事を最後まで読んでもらいましょう♪

先を読むように促すフレーズも効果的です。

テンプレート

捨てられずにいたお気に入りの洋服をもう一度着るのも、夢ではありません。

さあ、今日からさっそく始めてみましょう。

次の記事では、「変身」という言葉でウキウキするようなゴールを表現しています。

具体例

刺繍ができるようになれば、クッションやハンカチなど身近なものを素敵な刺繍で変身させられますよ♪

引用:ライティングサロンSNT「【フランス伝統刺繍のやり方】初心者が挑戦できるキット3つをご紹介!

この記事のリード文とテンプレート、具体例として実際の記事にあるリード文を見てきました。

みゅん

最初はまねしながら書いて、慣れたら自分のエッセンスを加えるといいですよ♪

ちなみに、リード文同様、まとめ文にも重要な役割があります。

くわしくは、まとめ文についてテンプレートつきで解説したこちらの記事をご覧ください。

【SEO初心者】ブログ記事まとめ文の書き方|滞在時間を長くする離脱防止のテンプレ付

【ブログ記事】リード文の書き方はテンプレ利用で迷わず書ける

リード文について、基本や流れ、テンプレートを紹介しました。

リード文の基本
  • リード文の役割
    記事の内容を端的に伝え、読者が先を読むよう誘導する
  • リード文の文字数
    500文字以内が目安
  • リード文のSEO対策
    狙ったキーワードを2回以上使う
    「権威性」と「実績」をアピールする
  • リード文の流れ
    共感→問題提起→記事の内容→読者が得られるメリット→結論
テンプレート全文

共感

最近お腹周りが気になってきたあなた。

スラリとした昔の写真を見て、ため息をついていませんか?

問題提起

年齢とともにやせるのが難しくなる上、太りやすくなります。

早くやせたい一心で、つい無理なダイエットに手を出して、リバウンドすることも。

リバウンドを繰り返すと、さらにやせにくく太りやすい体になってしまうのです。

記事の内容

リバウンドしにくいことで話題の○○ダイエットは、ダイエット法に悩んできたあなたにおすすめです。

この記事を読むと、○○ダイエットを成功に導く3つのコツが分かります。

  1. △△する
  2. □□しない
  3. ××する

読者が得られるメリット

3つのコツを押さえるだけで、ダイエットをあきらめかけていたあなたも、理想の体型に近づくことができます。

結論

捨てられずにいたお気に入りの洋服をもう一度着るのも、夢ではありません。

さあ、今日からさっそく始めてみましょう。

テンプレート全文の【見出しの名前】をタップ or クリックすると、それぞれの見出しにジャンプできます。
それぞれのコツや例文を確かめたいときに、お使いください。

慣れてくれば、テンプレートを見なくてもスラスラ書けるようになりますよ。

魅力的なリード文で読者をひきつけ、あなたの記事を最後まで読んでもらいましょう!

私の経験を通して、初心者でも簡単に実践できる「稼げる記事の書き方」のコツをお伝えした記事【初心者必見】簡単4ステップで稼げるWEBライターになる!ブログ記事の書き方【まとめ】も、あわせてご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【無料配布中】

記事をずっと楽しく書き続けられる秘密を知りたい方はこちらの電子書籍をクリックしてください ↓


 

目次
閉じる