みゅんのしゃべり場VOL.29|TVディレクター直伝!インタビューで大切な『事前準備』とは?

eyecatch

今回の記事の内容を音声で楽しみたい方はこちらをどうぞ♪

stand.fm
TVディレクター直伝!インタビューで大切な『事前準備』とは? - みゅんのSHOJINチャンネル | stand.fm 私の本業はTVディレクター📺 これまで、いろんな方にインタビューをしてきました。 そこで大事だと感じるのが『事前準備』 有意義なインタビューにするために、...

前回、「みゅんのしゃべり場VOL.28|誰にでも出来る簡単なSEO対策!これは絶対にやっておこう!」をお伝えしました。

その続きをお楽しみください。

こんにちは。
書人百花のみゅんです。

ライターとブロガー二つの柱で稼ぐ、そんな『書人』を目指して活動してます。

今回は、ちょっとテレビディレクターらしく。
インタビューについてお話ししたいと思います。

最近 Twitter でも「インタビュー記事書きました!」とか、「インタビューできる人募集!」みたいなツイートを見たりもします。


私は、オンラインサロンのチームメンバーへのインタビューっていう形でしか、ライターとしてインタビューしたことはないんですけど、TVディレクターとしてインタビューとかをする中で、いろんなことを学んだり感じることがあるので、
少しでも情報をシェアできたらなと思って、今回はインタビューについてお伝えすることにしました。

みゅん

インタビューは、ほんと難しいなって思います。

聞き方だったり伝え方によって、視聴者やその情報を知る人に、伝わり方っていうのも全然変わりますし、インタビューをさせてもらった人が嫌な気持ちにならないようにっていうのがまず大前提としてあるので、聞き方・伝え方っていうのが難しいんです。

やっぱどんなに準備をしていても、そしてインタビュー中は「よし聞けた!」っていう風に思っても、いざ編集をしたり文字に起こしてみると

「これ聞いとけば良かった」とか
「もっとこういう聞き方すれば良かったなー」って
悔しく思うことはけっこうあります。


なんか100%満足っていうインタビューができたことのほうが少ないなと思いますね。

で、この、インタビューをより良くするために大事になるのが事前準備なんです。

目次

インタビューで大切な『事前準備』とは?

ももちろん、インタビューの質問の仕方だったり場の和ませ方とかそういうのも大事なんですけど、そういうインタビュー中の時間をより良くするためにも、事前の準備っていうのがすっごく大事になります。

みゅん

この事前準備をしているかしていないかで、インタビュー中の焦りだったりインタビュー後の後悔とかそういうのが全然変わるんです。

じゃあその事前準備っていうのはどうすればいいかって言うと、ここでポイントになるのが2つあります。

テーマを決めておく

1つが、そのインタビューのテーマを決めておくこと。

インタビューをするっていう風になったっていうことは、
まぁ物だったり人だったり、そういう何かを紹介するっていう目的がありますよね。

まぁ物より人について紹介する方がインタビューとしては多いと思うので、ちょっと今回はに重きを置いてお話ししていこうと思うんですけど、

みゅん

そのインタビューする対象者・インタビュイーのことを紹介するにしても
テーマが決まってないと、あらゆる方向のことをインタビューしてしまいます。

まあね、いろんなことを聞きたくもなるじゃないですか、インタビューしてると。

いろんなことを聞くからこそいい言葉を引き出せたりもするし、質問として準備するのはとても大事なんですけど、

そのインタビューで読者に何を伝えたいか。
ここのテーマをしっかりと持っておかないと、
限られたインタビューの時間を効率的に使うことができません。


そしてテーマが決まってないと、いろいろ聞いたわりには、結局インタビューの方向性がとっちらかってるので、「この番組で何を伝えたかったんだろう?」って視聴者の頭に入りにくい形になってしまいます。

なので、そのインタビューで何を伝えたいかっていうテーマをしっかりと決めて、
ザックリとでも構成を立てておきましょう。

これがインタビューをする前に事前準備として大切なことです。

リサーチをする

そして2つ目がリサーチをしっかりとすることです。

インタビューをする前にリサーチをすると、先入観が入ったり、思い込み・イメージっていうのがついてしまうから
あんまり良くないって思う方もいるかもしれないんですけど、

みゅん

うーん、私はリサーチはしっかりしてた方がいいと思います。


このリサーチをしてないと、ただでさえも緊張するインタビューの時に何を聞いたらいいかが分かんなくなって、表面的な質問をしがちなんですよね。

せっかくね、お時間を頂いてインタビューをするっていう形になるので
やっぱインタビュイーにも気持ちよく話をしてほしいし、
その情報を知る人にとっても有益な時間になってほしいじゃないですか。

ってなるとやっぱりリサーチをして、
ンタビュイーの人となりが分かるような質問の仕方を考えたり、
視聴者や読者が知りたい情報を引き出せるような質問の仕方を考えた方がいいです。


実際にロケをするときも「ロケハン」って言って
ロケの前に現場に行って下調べをすることもありますし、
事前に対象者に電話取材をして、その人の人となりであったりテーマに関することを質問したりしています。

で、その電話取材をもとに、「こういう話を聞きたいからこういう質問してください」
っていうふうにアナウンサーに伝えたりもします。


なので、そのリサーチでどういうことを聞けたかっていうのが
インタビューの質を変えるなっていう風にすごく思うんです。

まぁちろんインタビューをする中で違う話を聞けたりとか、
リサーチの時とは違う深掘りのされ方とかもあるんですけど、

みゅん

このリサーチをしているかしてないかでインタビューに向かう心構えとか安心感が変わってくるんです。

で、取材させていただく対象の方も、やっぱ1回話してるということで
落ち着いてインタビューに答えてくれやすくもなるんです。

特にテレビってなると画面なので、自分がカメラに向かって喋るっていうのが、なかなか緊張することもあるので
この事前に話すっていうのがいろんな意味で大事になります。

はい。まずは何よりも大事な事前準備について今回はお話しさせていただきました。

インタビューをする前にそのインタビューのテーマを決めてざっくりでも更新を考えておく。
そしてリサーチをしっかりしておく。

これが大切になります。


あなたが今後インタビューをするときの参考になると嬉しいです。

「私はこういうことしてます!」っていうような体験談だったり質問があれば、いつでもコメントを送ってください。

ということで、今回はこの辺で終わります。

よかったら「みゅんのしゃべり場VOL.30|相談時にやりがちな5つのNG行為!これであなたも聞き上手!」もお読みくださいね。

ならね~

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

【無料配布中】

記事をずっと楽しく書き続けられる秘密を知りたい方はこちらの電子書籍をクリックしてください ↓


 

目次
閉じる